超真面目女の孤独で天邪鬼な思考日記

完璧主義とHSPとコミュ障を、ぎゅっと固めたエッセンス

どこでもきっぷ1日目:北陸爆走編

前から言っていたどこでもきっぷを

利用した旅を実行した

わりと楽しかったので

思い出の振り返りを行う(全3回)

 

まず旅の目的はこの切符の元を取るではなく、

前々から乗ってみたいと思っていた

列車に乗ることである

なので、距離としては3日間

そんなに移動していない

 

まず第一日目の目的は

べるもんた、という列車に乗ること

それではいってみよう

 

f:id:yukimin050:20211127101923j:image

 

旅の始まりは大阪駅から

サンダーバードに乗って金沢に行く

べるもんたに乗るために新高岡駅

目指すのだが、まずすべての拠点である

金沢駅に向かう

そこから北陸新幹線に乗り換えだ

 

この切符は指定席を6回まで使うことができる

この金沢駅までのサンダーバードについては

指定席で向かった

 

f:id:yukimin050:20211127103541j:image

 

どこかの駅で停車した時の車窓である

 

2時間半くらいかけて金沢に到着した

 

f:id:yukimin050:20211127103645j:image

 

この日の金沢駅は大変混雑していた

大阪からのサンダーバードも、

私が乗った電車よりも後のものは

指定席もほぼ埋まっているようだった

なにより、東京からの北陸新幹線

満席続出だった

こう考えると北陸新幹線

開通してよかったなと素直に思う

 

f:id:yukimin050:20211127103837j:image

 

金沢駅では写真のお弁当を買って

すぐに新幹線に乗った

まず富山駅に行く

目当ては富山環水公園だ

 

ちなみにこのビビンバは

ハズレのない美味しいものだった

旅先では野菜不足に陥る可能性が高いため

昼食で補う魂胆である

 

f:id:yukimin050:20211127104102j:image

 

富山駅に到着した

ここから環水公園までは

徒歩10分程度なのでボーッと歩くことにした

 

f:id:yukimin050:20211127104209j:image
f:id:yukimin050:20211127104212j:image

上:よく見ると立山連峰

下:環水公園、うん、水ですね

 

冬の北陸は雪深く

快晴という日が少ない

確か風が日本海の水蒸気を蓄え

立山連峰も含む山脈にぶつかることによって

降雨・降雪になるといった仕組みだ

だが、この日はギリギリ立山連峰が見えた

ガチャでいうSRだ

 

f:id:yukimin050:20211127175827j:image

 

スタバでシナモンロールと紅茶

これをしたかったのである

スタバで紅茶が飲みたいのではない

わざわざどこでもきっぷで

金沢を経由し富山まで行った達成感を

具現化したのがスタバの紅茶なだけだ

と、どこかのYouTuberも言ってるだろう

 

f:id:yukimin050:20211127104826j:image

 

熱弁はさておき富山から新高岡へ移動した

城端線の乗り場へと移動し

本日の目的である、べるもんたの到着を待つ

べるもんたは氷見線だと調べたので

城端線のホームで合っているのかと

不安になった(ホームはそれしかないが)

 

f:id:yukimin050:20211127105019j:image

 

来た!べるもんたである

正確にはベル・モンターニュ・エ・メール

フランス語でモンターニュが山、メールが海

美しい山と海という電車だ

 

f:id:yukimin050:20211127105336j:image

 

この日は満席で、車内は決して広いとは言えず

ぎゅーぎゅーだった

なので車内の写真は撮れていない

氷見はとむぎ茶で我慢してほしい

 

はじめ城端線高岡駅まで行き、

氷見線高岡駅に再度停車する

その間に事前予約をしていた方には

食事やおつまみ、お酒などを

提供するといった流れだ

 

私はこれを大変楽しみにしていたので

寿司をあらかじめ注文していた

 

f:id:yukimin050:20211127164925j:image

 

5貫である

手前からカワハギの仲間のお寿司、

アオリイカ、忘れた、

白エビ、蟹さんだった🦀

 

あまりお腹が強くないので

寒い時に冷たいお寿司を食べることに

かなり不安を抱いていたが、

ここは覚悟して食べた

べるもんたに乗ることは

今後なかなか考えられないから

 

列車は新高岡から氷見へ走った

乗車時間は1時間弱だ

 

f:id:yukimin050:20211127165238j:image

 

氷見に到着するまでに

見所もあるが、それは実際に

乗車して確認してほしいので割愛

 

氷見駅周辺には特に何もなく、

金沢へ戻りたい(宿は金沢なので)ので

とりあえず周辺をダラダラ歩いた

 

f:id:yukimin050:20211127165402j:image

 

忍者ハットリくんのからくり時計である

着いた時にたまたま15時半だったため

からくりの仕掛けが作動していた

北陸のとある町でからくり時計を見ていた時、

どうしようもない孤独感と

寒空の下の果てしない自由感をおぼえた

この旅の中でも特に印象的な寂寥感であった

 

f:id:yukimin050:20211127165912j:image

 

氷見駅から金沢に戻る頃には

とっぷりと日が暮れていた

 

f:id:yukimin050:20211127170123j:image

 

お宿はこちら

オシャレなデザイナーズホテルである

結構ギリギリに予約したので

予約の空きで選んだ

 

f:id:yukimin050:20211127175404j:image
f:id:yukimin050:20211127175401j:image

 

備え付けのお茶やアロマディフューザーなど

とても充実したお部屋だった

ここでどん兵衛を食べた

 

f:id:yukimin050:20211127175454j:image

 

ラウンジもあり、21時まで

好きなだけ飲み物を飲めた

明日も早いので、

お茶を飲んですぐに部屋に戻った

 

と、いうことで1日目を終えた

続きはまた明日

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村