超真面目女の孤独で天邪鬼な思考日記

完璧主義とHSPとコミュ障を、ぎゅっと固めたエッセンス

雑記:おひとりさまOLの節分

節分過ぎて2日経過してるだろ

というツッコミがあるとは思う

 

私は非常に季節を大事にしているので、

七草粥、鏡開き、節分なんかは

それなりに風習に則ってとり行っている

それは家族といても1人だろうと変わらない

 

節分に際しての

私の動きなんかを書いていく

 

巻き寿司を食べよう!

とちゃんと思い始めたのは

1月中旬のことであった

 

とはいえ今住んでいる土地の

お寿司屋のことなんて何も知らない

スーパーやコンビニの巻き寿司は

言っちゃ悪いんだけど美味しい…って

感じでは…ないかな…みたいな気持ちでいる

 

イカリスーパーがいいなとは

思ったんだけど2月3日に

どうやっても取りに行ける距離ではない

(でも後々考えると購入場所とイカリスーパーは離れていなかったので、頼んでおけばよかったなとちょっと後悔している)

 

ということで困った私は

そんな時の頼れる助っ人、

阪急百貨店のオンラインストア

見ることにしたのだった

 

f:id:yukimin050:20230205102200j:image

 

ただこれが遅くて、

かなりの巻き寿司が売り切れていた

みんな節分にアンテナを

張りすぎではないだろうか

 

まあ売り切れなのは所謂

豪華な巻き寿司なのであって、

私1人で食べ切ることができるサイズのものは

まだあったのである

 

f:id:yukimin050:20230205102430j:image

 

と、いうことで

こちらが注文した巻き寿司である

当日はちょっと早めに帰って

阪急百貨店まで取りに行ってきた

 

鯖寿司で有名な京都の「いづう」のものである

お寿司の美味しさが分かるほど

お寿司を頻繁に食べない(生魚に本当に弱い)が、

美味しいなと思って食べた

中の具材が上品なんだね

 

これを黙々と食べて、節分とした

串カツで鰯も食べて魔除けになっただろう

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

雑記:2月の始まり

1日過ぎてるけど、2月が始まった

1月は本当に早かった、

お正月が来たと思えばあっという間に

仕事が始まり、バタバタと日常が

過ぎていった感じである

この調子だと1年もあっという間だろう

 

2月は大きな人事異動もあり、

私としては気の休まらない日が

続くだろうと予想している

 

タイミングが良いのか悪いのか、

一人暮らし自体はだいぶん落ち着いて

リズムを掴めるようになってきた

つまり物不足に悩んだり

時間配分が悪く寝るのが遅くなる

といったことが無くなってきたのだ

 

なので生活の基盤はしっかりしつつ

気の休まらない日に

早く私の心が順応しますようにも

祈り続ける月となるだろう

 

まあもう今月を過ぎれば

春なので、お出かけも通常より通りして

あんまり仕事のことは考えないようにしたい

んなもん帰ってきてからも

考えてたら心が壊れてしまう

 

明日は恵方巻の日である

一応予約しているので、

帰りに取りに行こうと思う

 

日常ってそんなささやかな幸せで

彩るためにあるもので、

壊れるまで考えるために

生まれたわけではないのである

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

本:一汁一菜でよいという提案

f:id:yukimin050:20230129145844j:image

 

冷凍食品やデパ地下の惣菜、

ウーバーイーツや外食に行くなど、

自炊をせずとも食事をとることは

全く難しくないだろう

 

しかし、私は殆ど自炊をしている

自炊万歳!というより

単純に上記の自炊以外の手段が

味が濃くて私好みでないのだ

 

でも実際どうやって自炊を

"うまく"できるのかなと

思い悩んでいた

そんな時に読んだ本がこの

土井さんの一汁一菜の本である

 

味噌汁・ご飯・漬物のような

スタイルの一汁一菜があればよいと

提案し、日本食のスタイル、

食事という人間の営み、について

書かれている本なのだ

 

これを読んでからすごく自炊が

捗るようになった

 

季節の野菜を水に入れて、

出汁と味噌で味噌汁が出来上がる

それを2日間くらいで食べる

また作って食べる、がサクサクと

できるようになった

 

そうか、普段の食事というのは

作って食べて洗ってまた

米を炊いて作って食べて洗うんだなと

改めて強く思ったのだ

 

ついつい、特別な料理を

拵えないといけない!みたいな

強迫観念から作るのがしんどかったり、

作ってもこれでよかったのかみたいな

悶々とした気持ちを抱えてしまう私にとって、

良い気づきに繋がる本であった

 

今年はフランス料理に詳しくなるぞと思って

そういう本も購入したのだが、

やはりアレはあくまでハレの食事である

日常の食卓にフレンチは実際無理である

 

粛々と日々の生活を営むことが

いかに大事かを改めて思い起こさせた本だった

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

雑記:あの日あの場所で

なんかセンチメンタルなタイトルだが、

中身としてはそんなことはない

 

昨年9月に現役を引退された

私の大好きな野球選手なんだが、

引退後は色んなメディアやイベントに

顔を出している…と耳にする

 

だが、私はもうそこまで追っていない

ずっと前から決めていたように、

引退された時に私も一区切りつけようと

思っていたからである

 

確かに今でもすごく好きだが、

前のように追っかけみたいなことは

もうしないと思う

それは、引退の日、

あの日あの場所で私が置いてきたものだ

 

だからこそ時間やお金に空白が

たくさん出来て、

一人暮らししてみたり

何か新しくお金を使ってみようかと思ったのだ

 

私のキャパはそこまで大きくない

アレも好きだしコレも好きだしと、

たくさんのことは囲い込めない

 

今はまだ日々の生活にいっぱいで

旅にも出かけていないが、

多分旅、その中でも帝国ホテルや軽井沢、

そして本や音楽やカラオケなんかが

私の中で本当に残るものだろう

 

推しっていうのは

作ろうと思ってできるものじゃないからね

 

またいつか何かにハマった時に、

時間もお金もかけられるよう、

今はその準備期間として

ゆとりを持って生活していく

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

本と雑記:上流階級・もう少し待って

ちょっと前にもこの本を

紹介した気がする

 

f:id:yukimin050:20230122092459j:image

 

その時どういう感想を言ってたのかなと

思ったら結構辛口なことを書いていた

 

その一は確かに

キャラ付けありきで

分かりにくいし

外商ってこんな感じでしょと思った

 

しかし、その二は個人的に面白かった

外商をベースにした

キラキラフィクションお仕事ストーリー☆

になった感じがした

そう、虚構の世界なのであれば

面白いなと思うのだ

 

同居の後輩とも上手くやりつつ、

外商のぶっ飛んだ顧客をベースに

ちょっと主人公自身の悩みも入りつつ…

みたいなバランスがいいなと思って

読み進んでいった

 

今、その四まで出ているそうで

確かに面白いし読まれるよなと思った

 

さて、ここからは別の話である

まだまだ住まいには慣れていないが、

ようやくこの1週間は

わりと安定して暮らせた気がする

出費もようやっと落ち着いたと思う

 

ブログを書く余裕もないのが

正直なところであった

(私自身は変わらないと言っていたが、そうはいっても慣れるまではバタバタするのだ)

 

またちょくちょく書いていこうと思う

と結構前から言ってて

ペースを上げられていないが、

気長に、しかし細々と途切れることなく

ブログを続けていきたいと改めて記しておく

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

お金のお話:家計簿って難しい

地元が大好きだから

ちょくちょく戻っている

ゆくゆくはまた地元で暮らすが、

まずは一人暮らしというもので

経験できることはみな経験しようと思う

 

その経験の一つに、

月に1人でいくらくらい

生活するのにかかるかを知る、ことがある

 

記録しているのだが、

ちょこちょこお金がかかる

洗剤とか、食材とかは勿論、

布巾とか雑巾とかラックとか鏡とか

そのほか諸々、生活には物が必要なのである

これは本当に一人暮らしをしないと

掴めなかったことである

 

家計簿を購入して

きれーーにちまちま書いていたんだが、

書くのにストレスがかかるようになった

 

そこで、引越しにあたり初めて

買うものについては

別予算として書かないことにしたり、

電子決済のものは別に記録することにした

というか、電子決済なら書かなくても

アプリに残るよねって感じだ

 

食品も、あーこれは買わなくても

よかったなとか、お金かけなくてよかったな

みたいなものがあったりする

これも分からなかった事である

 

家計簿に安定した数字を書くのは

まだあと3ヶ月はかかりそうである

家計簿って意外に難しい帳簿だった

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

心のお話:穏やかになったと思うのだ

あんまり会社の話をしない

それはお金を得るだけの場所に

そこまで思い入れがないという証でもある

あくまでベースは私の生活、

そこは絶対に揺るぎないことである

 

しかし結構大きなことが起きた

上司が変わるのだが、

新たな上司がなかなか人格的に

ヤバイ人である

 

多分私のような傷つきやすい性質とは

相容れないタイプの人なのだ

多分傷つくことがあるし、

会社が嫌になることだろう

(別に関係なく今も出勤自体は嫌だけど、それは普遍的に変わらない感情である)

 

まあそれでめちゃくちゃ病んだり

嫌になったらもう辞めようと思う

しがみつくような感情はない

昔は会社の様々な人に感情を

ぶつけていたこともある

今はそれはないな…とふと思った

期待が無くなったんだろうね、他者への

 

同時に思うけど、

18歳くらいはめちゃくちゃ怖かった

周囲にも言われていたし、

自分でもそう思っていた

 

今は自分で言うのもなんだが

穏やかになったと思う

会社にもまだまだ感情ガンガン見せて

怖い感じバリバリの人もいる

 

それはそれでストレスが無さそうだな、

なんて思うんだけど、

疲れないのかな、とも思ったりする

怒りって疲れるよね

疲れるわりに何も変わらない

そこが流行りの"コスパ"悪いなと

思ったりするところである

 

とにかく何かにめちゃくちゃ

心乱されるということが無くなった

なんなら、一人暮らしをしてから

さらに加速している気もする

 

寒いってのもあるけど

動きたくなくて、

必然的にあっち行ってこっち行って

人に会ってイベント行って

ストレス溜まって爆発!がない

 

このぶんだと

2023年の目標のやりすぎないは

難なく達成できるだろうなと

思っているところである

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村